脱毛器とは

脱毛器とは、ムダ毛を処理するために作られた機械です。

脱毛器は、肌の表面に生えているムダ毛を処理することができるだけではなく、ムダ毛の量を少なくしたり、ムダ毛を細くする効果もありますし、ムダ毛を生えてこなくするようなタイプもたくさん出回っています。

脱毛サロンに通わなくても、自宅で簡単に永久脱毛に近いムダ毛が生えてこない状態を作り出すことが出来る機械となっています。脱毛器は、利用して、すぐに、ムダ毛が生えてこない状態を作り出すわけではありません。

家庭用脱毛機

フラッシュ脱毛の場合には、全部で13回から18回程度、レーザー脱毛の場合には、6回から8回程度、脱毛器を肌にあて、光を照射することで、ムダ毛を目立たなくさせることができる物です。

脱毛器によって、利用方法は異なりますが、光が照射される部分を、ムダ毛の処理をしたい部分にあてるだけとなるタイプの脱毛器がほとんどとなっていますから、非常に簡単です。施術前と施術後には、必ず冷やすことが必要となりますが、自分自身で簡単にムダ毛が気になる部位全てに施術を行う事が出来ます。

脱毛器をあてることで、なぜムダ毛が生えてこなくなるかというと、光を当てることで、毛根に熱を加えることができ、その熱によって、毛根にダメージを与える効果があるのです。回数を重ねる毎に、毛根へのダメージが多くなり、ムダ毛が細くなり、次第に生えてこなくなるという方法となります。

脱毛器を利用する前には、必ず剃毛をし、肌の表面にムダ毛が残っていない状態にしなければいけません。
ムダ毛が肌の表面に残ったまま脱毛器の光をあててしまうと、肌にダメージを与えてしまう場合があるのです。

ヘアサイクル

脱毛器の仕組みとしては、肌の中の黒い部分に光が反応して毛根に熱を加える仕組みになっていますから、肌の表面にムダ毛が残っていると、肌の表面にも熱が伝わってしまい、肌トラブルの原因となってしまうのです。施術前と施術後に施術を行う部分を冷やすのも、毛根に与えた熱が、皮膚などに伝わってしまう事を防ぐために、保冷剤などを利用し、冷やすことが必要となるのです。

肌が弱い人や、冷やす時間が足りないと、やけど肌になってしまう事もありますし、赤みやかゆみが強く出てしまうような場合もあります。

施術当日に赤みや、かゆみが出てしまった場合には、体を温める行為は避け、患部を冷やし、様子を見ましょう。次の日になっても、痛みが取れない場合や、水ぶくれになってしまうほどひどいやけど肌になってしまった場合には、病院に来院することをお勧めします。

永久脱毛

種類を調べる

脱毛器にはいくつかの種類があります。

脱毛器の種類を知っておくことで、後々脱毛器選びが失敗だったと感じてしまわないようにしましょう。

家庭用脱毛器の中には、レーザー脱毛と呼ばれる機械
そしてフラッシュ脱毛と呼ばれる機械と、サーミコン脱毛と呼ばれる機械と、泡脱毛と呼ばれる機械があります。

毛抜きによる脱毛は危険

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、どちらも光を照射することで、毛根にダメージを与え、ムダ毛が生えてこない状態を作り出すもので、2つの違いは、光に違いがあります。レーザー脱毛の場合には、比較的狭い部位の施術に長けていると言われており、フラッシュ脱毛に比べると、痛みが強く、ヘッドが小さいことが特徴となります。

回数を少なくすることができるのがレーザー脱毛の特長となりますが、ヘッドが狭いため、広範囲に光を照射するには、非常にお金と時間がかかってしまうとされています。レーザー脱毛は、一般的には病院でのみの施術となっていますが、家庭用のレーザー脱毛の場合には、出力が下げられている物が販売されています。
フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで使われている機械とほぼ同じ施術効果となっています。インテンスパルスライトと呼ばれる光の種類のフラッシュ脱毛が主流で、肌にあてる事で、光が拡散し、広い部位の毛根にダメージを与えることが出来る事も特徴となっています。

レーザー脱毛で有名な脱毛器としては、トリアと呼ばれる商品が非常に有名で、フラッシュ脱毛で有名な脱毛器としては、ケノンと呼ばれる脱毛器が非常に有名となっています。

サーミコン脱毛とは、脱毛と呼ばれていますが、実際には、脱毛器の先端についている電線により、ムダ毛を熱で焼き切るというような方法となりますから、剃毛と同じような方法となり、ムダ毛を細くしたり、生えてこなくするようなタイプではありません。

泡脱毛と呼ばれる脱毛器も、肌を泡立て脱毛器をあてることにより、肌の表面に出ているムダ毛を抜く方法となりますので、こちらも、ムダ毛を細くしたり、生えてこなくする効果はないとされています。サーミコン脱毛ではノーノーヘアと呼ばれる脱毛器が有名ですし、泡脱毛ではソイエとよばれる脱毛器が有名となっています。

自己処理の回数を減らしたいと考えるのであれば、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の施術が可能となる脱毛器を選ぶ必要がありますが、普段のムダ毛の自己処理のお手入れのために、サーミコン脱毛を選ぶという方法も良いでしょう。

背中脱毛 回数

人気がある脱毛器を探す

脱毛器とは、ムダ毛を処理するために作られた機械です。

脱毛器は、肌の表面に生えているムダ毛を処理することができるだけではなく、ムダ毛の量を少なくしたり、ムダ毛を細くする効果もありますし、ムダ毛を生えてこなくするようなタイプもたくさん出回っています。

脱毛サロンに通わなくても、自宅で簡単に永久脱毛に近いムダ毛が生えてこない状態を作り出すことが出来る機械となっています。
脱毛器は、利用して、すぐに、ムダ毛が生えてこない状態を作り出すわけではありません。

フラッシュ脱毛の場合には、全部で13回から18回程度、レーザー脱毛の場合には、6回から8回程度、脱毛器を肌にあて、光を照射することで、ムダ毛を目立たなくさせることができる物です。

脱毛器によって、利用方法は異なりますが、光が照射される部分を、ムダ毛の処理をしたい部分にあてるだけとなるタイプの脱毛器がほとんどとなっていますから、非常に簡単です。施術前と施術後には、必ず冷やすことが必要となりますが、自分自身で簡単にムダ毛が気になる部位全てに施術を行う事が出来ます。

脱毛器をあてることで、なぜムダ毛が生えてこなくなるかというと、光を当てることで、毛根に熱を加えることができ、その熱によって、毛根にダメージを与える効果があるのです。

回数を重ねる毎に、毛根へのダメージが多くなり、ムダ毛が細くなり、次第に生えてこなくなるという方法となります。脱毛器を利用する前には、必ず剃毛をし、肌の表面にムダ毛が残っていない状態にしなければいけません。ムダ毛が肌の表面に残ったまま脱毛器の光をあててしまうと、肌にダメージを与えてしまう場合があるのです。

永久脱毛

脱毛器の仕組みとしては、肌の中の黒い部分に光が反応して毛根に熱を加える仕組みになっていますから、肌の表面にムダ毛が残っていると、肌の表面にも熱が伝わってしまい、肌トラブルの原因となってしまうのです。

施術前と施術後に施術を行う部分を冷やすのも、毛根に与えた熱が、皮膚などに伝わってしまう事を防ぐために、保冷剤などを利用し、冷やすことが必要となるのです。

肌が弱い人や、冷やす時間が足りないと、やけど肌になってしまう事もありますし、赤みやかゆみが強く出てしまうような場合もあります。
施術当日に赤みや、かゆみが出てしまった場合には、体を温める行為は避け、患部を冷やし、様子を見ましょう。

次の日になっても、痛みが取れない場合や、水ぶくれになってしまうほどひどいやけど肌になってしまった場合には、病院に来院することをお勧めします。

医療 脱毛